INTERVIEW

原田 望(2018年入社)
からやま市原白金通り店 店長

お客さまのご満足のために、
働いてくれているキャストへの感謝を忘れない

和食チェーンの
トレーニングマネージャーから転職

前の会社を介護離職し、落ち着いた段階で転職活動を開始。その1社目が当社でした。面接では社長、常務(現:専務)が私の経験・体験を親身に聞いてくださり、気づいたら2時間が過ぎていました。これからさらなる成長が見込め、しかも自分の経験も活かせるのが魅力で入社を決め、社内及び3ヶ月間FC本部の研修を受けたのち店長に。店長として求められるのは、マニュアルを含め、当たり前のことをしっかりやることの徹底だと考えています。

いずれは自社ブランドの新業態の
立ち上げを企画・実現させたい

そのために重視しているのは「やることの単純化」。キャストに伝えやすく、理解されやすいからです。またお客さまにご満足いただくためにも、働いてくれているキャストへの感謝を忘れないようにしています。社長や専務との距離が近く、店長陣も結束しているので、まだまだ伸びると思います。今任されている店舗でしっかり結果を出し、ゆくゆくは自社ブランドの新しい業態を立ち上げるのが私の目標です。

長谷川 輝(2019年入社)
からやま木更津店 社員

学歴や経験にとらわれない
活躍のチャンスがあるのが当社の良さ

学歴や経験に関係なくチャンスが
与えられる社風に惹かれて

大学を中退し、独り立ちすることを決心した私がコナカエンタープライズを選んだ理由。それは学歴や経験にとらわれない活躍のチャンスがあり、社員寮が充実していたからです。面接で「大事なのは入社してからの頑張りだよ」と励ましていただき、とても心強く感じました。店長候補としての入社であり、明確な目標を持って仕事ができますし、上司が丁寧に指導してくださるので、毎日がとても充実しています。

上司やキャストに助けられながら
店長になるための修行中です

当面の目標は、現場オペレーションのレベルアップを図ること。全ポジションの仕事を経験しながら、マネジメントに必要な知識やスキルの習得に励んでいます。飲食のバイト経験もなかったため、学ぶことは多いですね。最近、社員・キャスト全員で店舗を回していくことの重要性を理解できるようになりました。接客も楽しく、お客さまから「おいしかったよ」と言っていただけるやりがいも味わいながら、一歩一歩成長しているところです。

西宮 拓也(2013年入社)
自遊空間事業部門 マネージャー

気軽に楽しくご利用いただける
空間づくりに注力していきたい

自分で立案した企画を実現しやすい
ブランドだからやりがいは大きい

かつてアミューズメント施設に勤務した経験とサブカルチャーへの興味の両方を活かせると思い、当社に転職。現在は君津店店長と部門マネージャーを兼務しています。自遊空間ブランドは、当社の事業部門の中でも特に自分で立案した企画を店舗に反映しやすい環境にあると思います。ですからお客さま目線で考えられる人、自主的に行動し、問題発見・改善できる人にとっては、やりがいが大きいのではないでしょうか。

地域のメディアステーションとしての
役割を果たしていきたい

FC本部の販促イベントだけでなく独自企画のイベントも開催。たとえばプロを招いてダーツ大会を開き、プロとアマが交流できる機会をつくったりしているほか、お食事もオリジナルメニューを提供しています。最近は若いお客さまに加え、40〜60代のシニア世代のご利用も増えています。今後も幅広い層のお客さまに目を向け、地域のメディアステーションとして、気軽に、楽しくご利用いただける空間づくりに注力していきたいと考えています。

RECRUIT

当社は、学歴・性別・社歴に関係なく、実力主義で抜擢します。発展途上で多業態を展開、拡大しているためポストも豊富。店長やエリアマネージャーへの早期昇進も可能です。ひとつの業態を突き詰める、別の事業にチャレンジする、新規事業を開拓する。自分らしい働き方を当社でぜひ実現してください。

RECRUIT

学生から中高年まで幅広く募集しています。パート・アルバイトからスタートして契約社員、正社員へステップアップも可能ですし、もちろんパート・アルバイトとして働き続けることもできます。また実力に応じてポストもご用意。店長もめざせます。チームワークを大切にする当社で、仲間と一緒に楽しく働きませんか。